シャンプーの選び方

bubble net

自分に合ったシャンプーを選ぼう!シャンプーの種類のいろいろ

一言でシャンプーと言っても、実は、その種類と効果はいろいろです。
その中でも、一般的によく利用されているものに、高級アルコール系シャンプーがあります。
ドラッグストアなどで市販されている多くが、これに該当しますが、泡立ちの良くなる炭素数が多く、洗浄効果も悪くありません。
値段がお手ごろのものが多く、手に入りやすい商品が多いと言う点が魅力です。
また、高級アルコール系のものと比べると洗浄力は劣りますが、刺激が少なく、複数回洗いをすることも可能であるほか、敏感肌の人や赤ちゃんなども比較的安心して使用することができるものが、アミノ酸系です。
刺激が少ないため、傷んだ髪をさらに傷めるということなく使用することができます。
さらに、皮脂や毛穴の隅々まで行き渡るほど洗浄効果が高いとされる石鹸系は、皮脂を取りすぎてしまうことがあることから、頭皮が弱い人には向いていませんが、その洗浄力の高さと、天然成分でできているという自然派志向の製品であるという点に魅力があります。
肌が強い人で、頭皮や髪の汚れが気になるという人に向いています。
泡立ち、洗浄力、刺激など、様々な点で、それぞれの特徴をもつシャンプーは、髪のためにも、頭皮のためにも、自分に適したものを選んで使用することが必要でしょう。

肌が弱くてなかなか合うシャンプーがない!!

シャンプー選びって難しいですよね。
特に肌が弱いと市販のもので地肌が赤くなったり、白くカサカサしてフケが出てしまったりして自分に合ったシャンプーが未だ見つかっていない人もいるのではないでしょうか?お店に行くと何種類も販売されていて全部の成分を確認するのも大変です。
良くネットでも肌に優しいと宣伝している商品もありますが、試してみても自分には合っていないことも多いです。
そこで、肌が乾燥肌の人にオススメなのが「お湯シャンプー」です。
その名の通り、お湯だけで洗います。
ぬるま湯のシャワーをあてながら手で地肌をマッサージするように洗って下さい。
美容師さんに聞いてもお湯だけで大体の汚れは落ちますと教えてもらいました。
洗剤を使わないので肌が乾燥することも無く、地肌が赤くなることも白くなることもなくなります。
試したい時は、いきなり洗い方を変えるのではなく週に2回とかからだんだんと回数を増やしていって最後お湯だけにすると地肌に負担もなくて良いでしょう。
毛先がからまる人は、毛先だけトリートメントをつければバサつくこともなくなります。
トリートメントだけ用意すればいいのでお財布にも経済的で優しいのも嬉しいですね。