引越しにかかる費用

引越しには、何に、どれくらいの費用がかかるのか、もちろん、引越しする荷物や場所にもよりますが、実際にどれくらいなのか考えましょう。まず、家を賃貸で借りる引越しの場合ですが、契約時、引越し時、引越し後の各シーンでお金がかかります。契約時には、敷金、礼金、仲介手数料、前家賃、保険料などがかかります。敷金は、家賃の滞納が発生した場合に充当する際のお金に当てられます。

退去時の原状回復費用もこちらから充当される場合が多く、金額は通常家賃の1~2ヶ月が相場になっています。次に礼金ですが、大家さんにお渡しするお金で、謝礼の意味が強いお金です。通常はこちらも1~2か月分になります。前家賃は、これから入居する家賃を前払いで支払います。家賃の1か月分です。保険料は、損害保険料です。火災や、盗難などが発生した場合に保障してくれますが、金額やサービスは損害保険会社によってまちまちです。

入居先で決まっている保険会社に契約することも多いです。ここまでの費用ですが、家賃6万円、礼金、敷金が2か月分、仲介手数料6万、前家賃6万、合計36万円に保険料が加算されます。最近では、敷金、礼金なしの物件もありますが、退去時に回復費用などを別途請求されることもありますので、先にお金を払っておくか、後で払うかの違いになるだけで、かからなくなるわけではないようです。

[注目情報]
引越し作業自体にかかるお金をできるだけ節約! ⇒ 引越し見積もりサイト